LOG IN

[バンコクショッピンングのすすめ] サイアム〜チットロムは個性派ファッションモール天国!!!

by ヤマモト ケイスケ

こんにちは Green Import Avenue 山本です。

今回の記事ではですねー、バンコクに数多あるお買い物スポットを紹介していきたいと思いますー。

せっかくバンコクまで行って観光もせずファッションモールやらWeekend Marketやらを周っているわけですから、たまには為になることも書かないとと思い立ったわけなんですよ。

まあ、実際為になるかどうかは別として、
『あー、バンコクってこんなファッションモールがあるんだー!!ふーっ!!近代的っーー!!』

くらいにタイに関心を持っていただけたら嬉しいです。


ーバンコクの代表的な買い物エリアー

バンコクはタイの首都にしてアジア有数の一大観光地。

面積・1,568㎢ (東京の約2/3)の中では820万人(東京1300万人)もの人々が生活をしています。

そんな大都市バンコクですが、エリアによって様々な特色があります。

ビジネス街、ファッション街、歓楽街、観光地、エキゾチックな下町のようなところなどなど.....

そんな中から買い物にオススメのエリアを厳選して紹介していきたいと思います。

この記事を含め、5つの記事に分けて紹介していこうと思います。

サイアム駅〜チットロム駅周辺 ー巨大ファッションモール群!!
チャトゥチャック駅周辺      ー新旧Weekend Market!!!
アソーク駅周辺                            ー空港がコンセプトのファッションモール??Terminal21
サパンタクシン駅周辺                  ー巨大ナイトマーケットAsiatique The Riverfrontを遊び尽くす
カルチャーセンター駅周辺          ーそのレトロ感がたまらない!!タラートロットファイ・ラチャダー

この記事ではまず『サイアム駅〜チットロム駅周辺 ー巨大ファッションモール群!!
を紹介していこうと思います。


ーサイアム駅〜チットロム駅『巨大ファッションモール群』ー

まずはバンコクを訪れたら外せないのがサイアム・チットロムエリアです。

このエリアにはかなりの数の個性的な巨大ファッションモールが集まっています。

サイアムは日本でいうところの原宿渋谷のような場所で、『トレンドの発信地』として多くのファッショニスタたちで溢れています。

そしてサイアム駅〜チットロム駅間は「スカイウォーク」で繋がっています。
また各ファッションモールも駅から連絡通路で繋がっているところが多いため、雨の多いタイでも買い物や移動がとてもしやすいです。

このエリアに集結している代表的なファッションモールをチットロム駅側からサイアム駅側に向かって順番に紹介してきます。

ゲイソンプラザ(GAYSORN PLAZA)

Gucci、Louis Vuitton、Prada、Diorなども出店しているタイを代表する高級ショッピングセンター

インターコンチネンタルホテルと直結しているこちらのファッションモールはタイのハイソサイティーが集まる場所となっていて、タイの発展具合を垣間見ることのできるスポットとなっています。


タイ国産ブランドとしてはDisaya、Fly Now、Sretsis、Issueなど、タイ国内ブランドでも高級なブランドが出店しています。

正直「えっ!?タイの服ってこんなに高いの!?」ってなります。

営業時間 10:00〜20:00


セントラルワールド(CENTRAL WORLD)/ZEN

ゲイソンプラザの道を挟んで反対側にあるのが有名なファッションモール「セントラルワールド」
そしてセントラルワールドと併設されている「ZEN」です。(日本の伊勢丹も併設されています)

セントラルワールドにはGAP、Topman、Lee、Guess、 Mango、Zara、Fred Perry、Kate Spade、Coach、Calvin Klein、Topshopなどのグローバルブランドが出店している他CC Double Oや4X4 MANといったタイ国産ブランドも多く出店しています。

様々なジャンルのレストランが数多く出店していて食も楽しむことができます。

価格帯も幅広く、多くのバンコク民や観光客で連日賑わっています。

営業時間 10:00〜22:00


・サイアムパラゴン(SIAM PARAGON)

サイアムパラゴンは高級〜中級ファッションモールです。
Balenciaga、Burberry、Chanel、Chloe、Dior、Dolce & Gabbana、Givenchy、miumiu、Louis Vuittonなどなど、国際的な高級ブランドが出店している他、タイの国産ブランドとしてはFly Now、GREY HOUND、JASPALなども出店。

H&M、ZARA、GAPなどのファストファッションブランドも出店している他、レストランはもちろん家電、車、本、携帯ショップ、美容室、ボーリング場、水族館などもあり、家族連れで一日楽しめるファッションモールになっています。

また日本でも有名なマダムタッソー(蝋人形館)やキッザニアなどのアクティビティもあり、かなりボリューミーです。

営業時間 10:00〜22:00


サイアムセンター(SIAM CENTER)

サイアムセンターは僕も一番お世話になっているファッションモールです。

サイアム駅と直結しており、多くの若者や観光客で賑わっています。

このファッションモールの最大の特徴は
『ほとんどのファッションテナントがタイ国産ブランドである』
『とにかく洋服・アクセサリー・コスメ等ファッションに特化している』

この二つです。

ここはとにかくタイのドメスティックブランドの出店が多く、他のファッションモールに出店していない少しマイナーなブランドも多く出店しています。

幾つかブランドをあげると
GREY HOUND、LYN AROUND、JASPAL、XXI Forever、Fri 27 Nov、iconic、kloset

Milin、Q Design and Play、roastiyom、senada、shaka、something boudoir、tango........

ものすごい数になります。

ここは見ているだけでも面白いファッションモールなので一見の価値ありです!!!

営業時間 10:00〜22:00

Siam CenterのPick up記事
もっともっと!!!Siam Centerの魅力

↑Siam Centerのフードエリア。下段真ん中のシンガポール料理は約200BT(約660円)

・サイアムディスカバリー(Siam Discovery)

お次はサイアムディスカバリー。

前回の「ソーシャルディスカバリー」についての記事でも紹介しましたがもう一度。

2016年5月28日に約1年間の改装を経てリニューアルオープン。

外装とインテリアは日本のデザインオフィス「nendo」の佐藤オオキ氏が担当。

テナントには日本のCOMME des GARÇONSISSEI MIYAKELOFTなんかも出店しています。

国内外の様々なブランドを取り扱っていますが、価格帯としては高め。

ですが、他の高級ファッションモールと違い、名前の通り新たな"発見"を楽しむ実験的な空間とテナント、

アクティビティとファッションモールが一つになったある種オシャレなテーマパーク的な雰囲気があります。


ここも日本にはなかなかない斬新なコンセプトのファッションモールなので、かなりおすすめです。

営業時間 10:00〜22:00


・MBKセンター(正式名称:マーブンクロンセンター)

こちらはかなり有名ではないでしょうか。
MBKセンター。

バンコク観光の名所として必ずと言っていいほど、どこのサイトでも紹介されています。

とにかく店舗の数と規模が桁違いです。

89000㎡・8階だての施設の中には約2500店舗が軒を連ねており、毎日平均約10万5000人が訪れるメガファッションモールなんです。

テナントの種類もとにかく多く洋服はもちろん、靴、家電、携帯、時計、宝石、アクセサリー、カメラ、本、サプリメント、インテリア、日用品から食品まで........(ぱちモノから本物まで...)

とにかく目が回るというか、広すぎてめまいがします。

タイの露店をビルの中にギュウギュウ詰めにしたような感じで、他のファッションモールでは全く感じられない"エキゾチック"な部分もあります。

営業時間 10:00〜22:00


↑MBKの外観。2017年2月に訪れたら外観が変わっていました。(左:〜2016  右:2017〜)

↑美容室も入っています。


このようにチットロム〜サイアム間にはたくさんの個性的なファッションモールが軒を連ねています。

さらにサイアムには他にもディープなお店やエキゾチックな露店、オシャレなドメスティックブランドの路面店やタイ古式マッサージ屋さん、エステ、レストランなどなど見所がありすぎます。

じっくり見ていくとこのエリアだけでも3日間くらいかかってしまうんじゃないかというボリュームです。

バンコクでショッピンングするなら絶対に外せないエリアの一つであることは間違いありません。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

気をつけて良い旅を!!!いってらっしゃい!!


合わせて読みたいバンコク関連記事

歯ブラシからお土産まで!?バンコクのコンビニ事情
タイで人気のファッション雑誌『CHEEZE』『LOOKER』
THE STREET25HOURS Festival [By LOOKER / CHEEZE]
バンコクでファッション調査
バンコの代官山?The Jam Factoryに流れるゆるい時間。
バンコク現代美術館[MOCA]心揺さぶる微笑みの国のアート
Bangkok Art & Culture Center [bacc] 大都会バンコクでアートを嗜む
反則級。バンコクの神出鬼没お洒落WeekendMarket「TGIF Market」

タイ/バンコクストリートファッションスナップ記事

[Fashion Snap]タイ/バンコクのストリートファッション 3rd

[Fashion Snap]タイ/バンコクのストリートファッション 2nd

[Fashion Snap]タイ/バンコクのストリートファッション 1st

https://www.instagram.com/p/BUj83qeh_1F/

FacebookInstagramTwitterにて『BangkokFashionsnap(バンコクファッションスナップ)』の連載、またバンコク情報の発信もしています!

是非こちらもフォローよろしくお願いします!

記事一覧へ

WebShopへ


ヤマモト ケイスケ
OTHER SNAPS