LOG IN

シェムリアップ・バンコク8泊10日 DAY1

by ヤマモト ケイスケ

本日から今回行ったカンボジアタイ旅行のまとめをつらつらと綴っていきたいと思います。つらつら。

ブログ書こうか迷いましたが(正直面倒臭い笑)、旅の準備中いろんな人が書いた旅行記を読んでかなり勉強になったので、これから行く人の参考に少しでもなれば(正直参考になるようなことは書きませんが笑)と思い、また今回の旅行のまとめとして書くことにしました。

8泊10日の旅だったので1日1記事、10日分を書いていきたいと思います。

ではでは...

DAY1

am8:00起床

前夜の呑み過ぎがたたり、頭がんがん。前日なのにもちろん夜更かし。フライト時間が早くないこともあってかなり油断してました。

正直な所ウキウキでアルコール摂取しないと寝付けないと思い友人を誘い街に繰り出したわけだったのですが...

とりあえず荷物をまとめて出発。

am12:00成田着

意外に遠いんですよね、成田。スーツケース持って2時間電車だと出国前から足腰にきます。

到着後すぐにチェックイン。便利な自動チェックインなんてものがあるんですね。

海外はツアーでしか行ったことのなかった僕は『自動チェックイン機』とは初対面。

携帯で調べつつトライ。失敗。トライ。失敗...計8回トライし完敗。完敗ですよ。

結局普通にチェックインカウンターで手続き。(次回も懲りずに自動チェックインにトライします)

少し時間があったので機内で読む雑誌と友人に頼まれたインスタントカメラを購入し搭乗。

中国東方航空13:50発。3時間のフライト後、上海で乗り継ぎ(約3時間)、4時間のフライトでシェムリアップ到着です。

早々に雑誌を読み終え、搭乗時にもらった新聞を読み(ちょうどEU離脱の国民投票の真っ只中だったのでチェック,チェック)....暇ですね

座席には各シートモニターも付いていてエコノミーにしては結構快適空間でしたが、映画を見ようにも英語中国語字幕という純日本人英語中学レベルの僕には鬼畜の仕様

ここで『タイ・カンボジアの観光ガイド』とか『旅行プチ英会話集』とか『小説』とか気の利いたものを用意してこなかったことを深く反省...

まあまあ、そんなものがなくても飛行機は進みますわ。あっという間に上海着。

約3時間のトランジットですがここは割愛

↑上海空港の様子(真昼間)

少し書くとすれば『結構閑散としてる』『空港のFree wi-fiが全く機能しない(繋がるが、電波弱すぎか遅すぎで全く繋がらない。バッテリー食うのみ)』『お国特有のかほりはなく、意外と無臭』『想像より綺麗!』

以上。さ、出国!

上海を出て4時間。手持ちのアクティビティは尽きているので寝るほかありません。本当に反省。

と、斜め前の座席に座るは日本人ではありませんか!!!だってるるぶアンコールワット編読んでますもの!!

チラチラ!!ほんとガイド本欲しかった泣(全くアンコールワットの予習してこなかったので。無知。泣。)

そんなこんな一人脳内大反省会をしているとここで入国カード関税申告書類が配布されます。

クメール語英語表記なので半分以上意味不明ですが、とりあえず『提出するにしろ、しないにしろ、配られたものは全部書いとけ!!間違いない!!』と思い全部記入。後でもし提出求められた時(入国カードはもちろん必須)に書くのだと面倒ですしね。備えあれば憂いなし!!

pm11:00 シュムリアップ国際空港到着。(上海発が1時間遅れたため、1時間押し。原因不明。英語アナウンスのため聞き取り不能。英語力のなさを反省。)(本当に蒸し暑い。ジメジメとかベトベトとか生ぬるいし。グチャグチャ、ドロドロ。ひ〜ひ〜言いながら空港の外へ....)

なんだかんだしているうちにちゃんと着きましたね^^

文章にするとこうも短くなるんですね!あっぱれ関心。(実際の機内では永遠とも思える4時間)

とはいえ夜更けも夜更け、ゲストハウスpm11時チェックインの予定が遅刻。

とりあえず市街地までの足をゲットするため空港前でタクシーorトゥクトゥク探し。

こんな時間でも結構いるもんです。しかし聞いてみるとほとんどがホテルやゲストハウスのピックアップ。

フリーのタクシーが見つからず、空港のTAXI配車カウンターを利用してTAXIゲットしました。

(7usd。高ーよ。深夜割増かよ。)

TAXI運ちゃん

明日は観光か?

アンコールワットに行きます^^

TAXI運ちゃん

ガイドしてやるよ!20usdでどうよ?

いえ、ツアー予約してあるので大丈夫です。(ウソ)

TAXI運ちゃん

じゃあさ、じゃあさ!マッサージ好きか?明日の夜いいとこ連れってってやるよ!うまい飯と可愛い女の子もいるぞ!どうよ?

いえ大丈夫です汗

TAXI運ちゃん

OK!!じゃあpm7時に宿にピックアップしに行くからさ!よろ!

!?!?!?!?!?

TAXI運ちゃん

じゃ、ばいちゃー!!(ブロロロロロロロッロー)

...................汗

前述の通り英語が苦手な僕。7割理解できませんでしたが、だいたいこんな感じの会話。

強引すぎじゃないですか!?!?!?

断るにも英語が出ないというもどかしさ。

そんなこんなで、まあまあ一応シェムリアップでの宿『クローク・ヤマトゲストハウス』に到着。

↑クローク・ヤマトゲストハウスHP

ここは日本人バックパッカーの間で有名な日本人オーナー経営のゲストハウスです。(スタッフは現地人)

(ビビリなので初日は安心の日本人ゲストハウスを予約♡)

リオ五輪にカンボジア代表として出場する猫ひろしさんもよく滞在するらしいです。🐱。

宿の一階はエントランス、日本食食堂、パブリックスペースになっています。

と、こんな夜中にもかかわらず日本人3人組が宴をしているではありませんか!!

早速チェックイン&明日のアンコール小回りツアー(15usd)を予約して荷物を部屋に置きそこに合流!

(チェックインしようと思ったらスタッフ受付のソファーで爆睡。起こしてチェックイン。さすがユルい^^)

現地ビール『アンコールビール(70円)』で乾杯。チョロモアーイ!!(乾杯:カンボジア語)

↑アンコールビール(webより抜粋)これ美味しいんですよ。現地では氷入れて飲む風習があるみたい。

薄口でとっても飲みやすい!(日本で買うと一本400〜500円するらしい笑)

日本を出てまだ12時間くらいですが、異国で日本人とお酒を飲みかわせるって嬉しい、楽しい。

こういったゲストハウスに集まる人ってバックパッカーだったり、留学生だったり、仕事リタイアしてきてたり、自分探しだったり....色々なバックグラウンドがあって、話聞いてるだけでおもしろい!

旅の情報『あの国よかったよ!』とか『こんな犯罪にあったよー!』とか『この店安いよー!』とか『今度あそこ行くんだー!』とか『じゃあ一緒にいっちゃーう?』とかとか...

いろいろ旅に役立つ情報を生で共有できるのも他の旅客と近いゲストハウスならではの醍醐味!

と、ここでずっと気にしていたことを質問。

タクシーの運ちゃんに飯とエロエロマッサージ(多分)誘われたんすけど、絶対やばいっすよね?

宿の愉快な日本人たち

結構こっちだとそういう運ちゃん多いよー!乗せた客の次の日のガイドの予約とかとって生計立ててんだよ!飯とかも結構善意で連れてってくれるいい人多いよ!せっかくだし行ってみれば?飯だけ食って帰って来ればいいじゃん!話聞かせてよ!てか聞きてえよ!(結構他人事。興味津々系かよw)

マジすか...そうですね!なんででも経験だー!

とまあ、参考になったのかならなかったのかは微妙ですが、行くことに決定。

思っていたよりカンボジアの夜は長く...

am2:00近くまで呑み語り初日の興奮冷めやらぬまま就寝...

(ドミトリー6ベッド部屋。ちゃんと温かいシャワー出ました。ロッカーは持参の南京錠をつけて施錠するタイプ。クーラー完備でベッドふかふか。一泊500円ちょっと。鬼安!)

明日はアンコール小回りツアー!2日目記事もぜひご覧ください^^

合わせてFacebook,twitter,instagramもぜひフォローお願いします!

記事一覧へ


ヤマモト ケイスケ
OTHER SNAPS