LOG IN

シェムリアップ・バンコク    8泊10日 DAY5

by ヤマモト ケイスケ

am10:00起床。昨晩の夜更かしがたたり寝坊(am8:00出発予定のはずが...)

とりあえず本日の作戦会議(一人)のためラウンジで朝食をとりながら調べごと....

と,そこにルームメイト(現在一泊400バーツ,8ベッドのドミトリーに宿泊中)の中国人2組がやってきます。

僕が日本人であることを知った途端と猛烈な勢いでAKB48への愛を語り始めます。

「僕は峯岸みなみ推しなんだ!!!君は???」
「本当に坊主にした時は一日泣いていたよ!!!」
「最近日本で人気のアイドルグループは?まあ、ミーちゃん以外興味ないけどさ!」(←なら聞くなし)
最後には財布に入れて持ち歩いているというミーちゃんのブロマイドまで持ち出しての熱弁。

AKB48の国際的人気っぷりに驚きつつ聞いていると...........あっという間にam12:30....

『半日終わっとるやないかーーーい』

まあまあ、友達もできたことだしここはよしとします。
気を取り直して本日の本来の予定


ASOK(アソーク)散策』へ出かけましょう。

僕の宿泊している宿のあるパヤタイ駅からアソーク駅まではBTSで乗り換え無しの6駅で着きます。
ああ、パヤタイ!なんと好立地なんだろう,,,,感謝に次ぐ感謝...

そんなこんなですぐに目的のアソークに到着!
本日は終日スナップ撮影と『Terminal21』散策です^^

題して!!!!
バンコク発→バンコク着・Terminal21でなんちゃって世界旅行!!!!』の巻。

さて、題名だけでは全く意味不明でしょう。早速解説します。

アソークの代表的なファッションモール『Terminal21』は”空港”がコンセプトのファッションモール。
各フロアごとにパリ・東京・ロンドン・イスタンブール・サンフランシスコ・ロサンゼルスとコンセプトがあり、一つのファッションモールの中で全く違った雰囲気が味わえます。
かなり広い施設ですが、一周回れば世界一周した気分!!!!ってなわけなんです。

なんだかありそうでなかったコンセプトのショッピングモールですね!

出店しているテナントはかなり幅広く、"Lee"や”H&M”など国際的なブランドからタイの大手ファッションブランド、個人店まで様々です。

(左上JASPAL ・左下吹き抜け・右上CPS・右下LGの食品売り場)最下層フロアのLGフロアでは日本のファッションモール同様フードコートや、食品売り場銀行ATMなどが入っています。(ここで念願のグリーンカレーを食べました^^)


GFには国際的なブランドや、タイのドメスティックブランドの中でも比較的規模の大きいブランドの売り場が展開。

1F〜3Fまでのフロアは小規模の個人店(タイドメスティック)がかなりたくさん密集するエリアになっています。印象としては『ナイトマーケットの露店をそのままファッションモールぶち込んだ』ような感じ。
通路も他フロアより狭くなっており日本で言う”中野ブロードウェイ”のような印象。

4F5Fフードコートになっています。KFCやペッパーランチなど日本でおなじみのチェーン店も入っています。

6Fは携帯会社や旅行会社、カフェなどが入ったスペースとなっています。

見所としてはやはり1F〜3Fのエリアです。ファッションモールにいながらタイの雑多なあのナイトマーケットの雰囲気を味わえます。ナイトマーケットよりも衛生的ですし安全。独特の”熱量”には欠けますし、ナイトマーケットよりも少しお高い”観光地価格”の価格設定ですが個性的なアイテムや変わったデザインに出会えるおすすめエリアです。

他のファッションモール同様この『Terminal21』もかなり広く、全て見て回ると丸一日かかります。
日本のファッションモールとは一味違った構成になっていて新鮮な感覚で楽しめるので、バンコク旅行に行った際は立ち寄ってみるのもいいかもしれません!

(↑ロンドンがコンセプトのフロア)
さて、Terminar21を後にしアソーク周辺をスナップ撮影がてら散策します。

タイではWeekendmarketやNightmarketに限らず路上販売をしている人が昼夜問わずたくさんいます。
ここでタイ語での値切りの練習をしてみることに...

サングラスを路上で販売しているお店を発見したので早速突撃
販売価格は一個350BT(約1100円)。バンバン値切ってみましょう。


昨晩おっちゃんに伝授されたタイ語と値切りテクを駆使して交渉...(テク内容は前回の記事をご覧ください)

が、あまり安くならなかったので『2本買うからもっとディスカウントしてくれ』と作戦変更。(手強い)
(◯◯個買うからもっと値下げして!という定番の値切りパターン。)

結局1本350BT(約1100円)→→→2本540BT(約1700円)....

目標の値切り率『販売価格の1/3』には遠く及ばす惨敗


元々日本の感覚からするとそんなに高いものではありませんが、異国での店員さんとの会話や、やりとりをすることなど、”安くする”という目的以外でも得られる経験は多いと思います。懲りずにトライしていきます...

さて、ここアソーク・ナナ周辺は”ソイ・カーボーイ”や”ナナプラザ”を代表とするタイでも有名な歓楽街があるため駅周辺は平日の夜でもかなり屋台が出て多くの人でごった返しています。熱気ムンムン、


先ほどから小雨がぱらつき始めましたが傘はささずに周辺散策。
(せっかく宿に折りたたみ傘があるのにビニール傘を買いたく無いという謎のこだわり発揮...)

雨のせいでスナップ撮影もできないため2hほど屋台などを物色して宿に戻ることに。

ここナナ・アソークエリアはこの旅の中で間違いなく"一番多くの日本人男性を見た"エリアです。
日本人の風俗好きは世界でも有名ですからね^^ムラムラ

タイのディープな一面も垣間見た一日でした。

(↑東京がコンセプトのエリア)

次回は『シェムリアップ・バンコク DAY6

今回の旅でたまたま立ち寄ったトンロー駅のweekendmarketがめちゃめちゃ楽しかったの件について書きます。

ぜひご覧ください^^

また、合わせてタイ・バンコクのstreet fashon snap連載もぜひご覧ください!

facebooktwitterinstagramで連載中です!!!    記事一覧へ

https://www.instagram.com/p/BJnjPuoDdWu/



ヤマモト ケイスケ
OTHER SNAPS