LOG IN

テーマパーク??いえ、ファッションモールです。[Asiatique The Riverfront]

by ヤマモト ケイスケ

こんにちは Green Import Avenue の山本です。

以前の記事でも紹介しましたが、バンコクには本当に個性豊かなショッピングモールがたくさんあります。

この記事ではサパンタクシンの川沿いにある一風変わった巨大ショッピングモール
Asiatique The Riverfront」を紹介したいと思います。

ー遊園地??Asiatique The Riverfront!!!ー

Asiatique The Riverfrontはチャオプラヤー川沿いに2012年にオープンした比較的新しいショッピングモール。

倉庫跡地を改装して作られた、4つのセクションからなる敷地面積4.8ヘクタール(東京ドームとほぼ同じ)の巨大モールです。

4つのセクションには約1500ものテナントが出店。

ジャンルもファッション、レザークラフト、インテリア、雑貨、アート、伝統工芸、家電、グルメはもちろん、マッサージ、人形劇、ムエタイの試合から観覧車まで......

国籍、性別、年齢関係なく1日楽しめるアクティビティが盛りだくさんです。

ー個性的な4つのセクションー

・Chareonkrungエリア

Charoen Krung Roadにちなんで名付けられたこのエリアには、ジョールイスの伝統的なタイ人形劇場、キャバレーショー、ムエタイ会場、手工芸品やお土産を販売する店舗などがあります。

・Townsquareエリア

多国籍なレストランやスポーツバーがあり、小さなイベントスペースもあります。

・FactoryDistrictエリア

流行のファッションやレストランが集まったエリア。

・WaterFrontエリア

川沿いのエリア。レストランや大きなイベントスペースがあり、アジア最大規模の観覧車(60メートル)もここにあります。


ー何がいいって?アジアンティークー

Asiatique The Riverfrontの魅力って?

冒頭で紹介した通り、バンコクには数多くの個性的なショッピングモールがあります。

じゃあここAsiatique The Riverfrontは何がいいの?他と何が違うの?

気になりますよね。

僕が思うAsiatique The Riverfrontの独自性は3つ。

・地の利!広い敷地と川沿いの解放感
・伝統工芸から最新ファッションまでそろうジャンルの豊かさ
・ショッピング以外のアクティビティの充実

まず『地の利!広い敷地と川沿いの解放感』

Asiatique The Riverfrontはチャオプラヤー川の川沿いにあります。

バンコクのショッピングモールは日本のものと同様に縦に長いものが多いです。(ビル)

サイアムやアソークなどのバンコクの中心地から少し離れたところに位置しているAsiatique The Riverfrontはとにかく横に広いのが特徴。ほとんどが2階以上の店舗はありません。

日本でいうところのアウトレットモールなんかと同じような作り。

なので、ショッピングをしていても「お客さんでぎゅうぎゅう!!」なんて閉塞感はなく、川沿いにいたっては解放感さえ感じます。

チャオプラヤー河を眺められるレストランなんかは特におすすめ。

歩いているだけでも楽しいですね。

次に『伝統工芸から最新ファッションまでそろうジャンルの豊かさ』

これは本当にすごい。

タイでファッション関係と一緒に伝統工芸品やお香、仏像、彫刻、織物、そのたもろもろが揃う場所と言ったらチャトゥチャックWeekendMarketとMBKセンター以外にはここくらいではないでしょうか?

っというくらいジャンルも品揃えもすごい。

なんてったって1500以上の店舗が軒を連ねているんですから。

また、店舗が横並びになっている作りはタイの露店やNightMarket、WeekendMarketを彷彿とさせます。

値切り交渉なんかもできるので、清潔感がある中にもタイのエキゾチックな側面を感じられます。

タイ土産はここに来たら間違いないですね。

最後に『ショッピング以外のアクティビティの充実』

上で書いた通り、Asiatique The Riverfrontにはショッピング以外にも様々なアクティビティがあります。

人形劇、ムエタイの試合観戦、キャバレーショー、観覧車(巨大)などなど.....

レストランも様々なジャンルのものがかなりの数あるので、買い物メインでなくこういったアクティビティをメインに散策するのもいいんじゃないでしょうか。

これは幅広い年代、様々な国の人を惹きつける魅力の一つであることは間違いないですね。

ーAsiatique The Riverfrontへ行こう!!おすすめプランー

実はここAsiatique The Riverfrontは他のファッションモールと異なる点がもう一つ。

営業時間が17:00~24:00と特殊。

なのでオープンまでの時間何をしていようか迷います。

おすすめは朝早くからオープンの17:00までバンコクの有名寺院を散策。

バンコクで行っておきたい有名な寺院といったらワット ポー(涅槃像)、ワット プラケオ(エメラルド寺院・王宮)、ワット アルン(三島由紀夫氏の小説『暁の寺』の舞台)。

こちらの3つの寺院はAsiatique The Riverfrontのあるサパンタクシン駅から出ている船で行くことができます。

各停、急行にもよりますが、サパンタクシンの船乗り場から30~40分あれば到着します。

なので早い時間から寺院散策をして、17:00時からAsiatique The Riverfrontでショッピングなんてのがおすすめ。(お寺などではそんなにたくさんお土産は買わないと思うので、身軽にそのままショッピングできます。)

注意点としては「寺~サパンタクシンの船着き場」間の船は、観光客以外にもビジネスや普通の移動のためたくさんの地元民も利用します。

時間帯によってはかなり混雑して大幅に時間がかかったり、すし詰め状態でスリなどの犯罪に巻き込まれることもあるので、時間には余裕をもって、かつ貴重品管理は徹底しておきましょう。

-Information-

営業時間   17:00~24:00(営業日や営業時間は各店舗によって異なります。)


アクセス    
 BTSサパンタクシン駅前の船着き場の先から出るアジアティック直通の無料シャトルボートを利用。
所要時間約 10 分。ボートは夜 11 時頃まで運行しています。

トゥクトゥク 同じくBTSサパンタクシン駅の前からトゥクトゥクを利用。
運転手に「アジアティック!」と伝えればわかります。価格約50BTくらい。所要時間約15分。

このあたりの道は時間帯によって混むので、タクシーよりもボートやトゥクトゥク、バイクタクシーがスムーズでおすすめ。

地図

最後まで読んでいただきありがとうございました!

それでは気をつけて良い旅を。

いってらっしゃい!!

気になるバンコク関連記事

タイで値切ろう。そうしよう。
もっともっと!!!Siam Centerの魅力
バンコクの移動How To
バンコクっ子御用達!! JJ GREEN MARKETへようこそ!!!
[バンコクショッピングのすすめ]空港がコンセプトのファッションモール??Terminal 21
反則級。バンコクの神出鬼没お洒落WeekendMarket「TGIF Market」

https://www.instagram.com/p/BRBQZRLh2rh/

FacebookInstagramTwitterにてBangkokFashionsnapの連載、またバンコク情報の発信もしています!是非こちらもフォローよろしくお願いします!!!

記事一覧へ

WebShopへ


ヤマモト ケイスケ
OTHER SNAPS