LOG IN

バンコクの代官山?The Jam Factoryに流れるゆるい時間。

by ヤマモト ケイスケ

こんにちは Green Import Avenue の山本です。

今回の記事ではですね、おそらく全く役に立たないであろうを情報をつらつら書いていきます。

もちろん内容はバンコクに関してです。

ー紹介しても行かないであろうThe Jam Factoryをあえてご紹介ー

さあさあ、今回はThe Jam Factoryを紹介していきます。

おそらくピンとこないでしょう...

もし「The Jam Factory」と聞いてピンときたり、行ったことある!って人がいたら、これはかなりのバンコクオタク。バンコク通レベル[星⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎]って感じです。

っというくらいガイドブックにも載っていなければ、バンコク旅行で訪れる人なんてほぼ皆無なマイナーどころ。

ーThe Jam Factoryってどんなとこ?ー

The Jam Factoryはどんなところかと言いますと...
例えると、日本でいうなら代官山のT-SITE(代官山蔦屋)みたいな感じです。

チャオプラヤ川沿いにあるThe Jam Factoryは、古い倉庫を改築して建てられた比較的新しい複合施設。

本屋さんやカフェ、アートギャラリーや雑貨、家具、イベントスペースなどなどが一つ屋根の下に集まって、「過ごし方はあなた次第よ」的なゆる〜〜〜い雰囲気を醸し出しています。

本を読みながらカフェでくつろぐもよし。

アートを楽しみながら施設内を散策するもよし。

ショッピングやグルメを楽しむもよし。

バンコクのあのむせ返るようなエキゾチック感とは懸け離れ、涼しげにゆったりとした時間の流れるオサレ空間...

幾つかのオフィス(建築デザイン関係や出版?関係)も施設内にあり、こんなところで優雅に働くのってすごく良さそうって羨ましく思ってしまうくらい。


ー過ごし方いろいろ。バンコクの代官山ー

今回訪れた理由はもちろんファッション写真を撮ろうかなと思ったため。
「オシャレげなところにはオシャレな人が集まるでしょう」
っといういつもの安易な考えから....
(バンコクファッションスナップの記事へ)

確かに実際訪れてみるとオシャレなバンコクっ子たちがたくさんいます。

年齢層も様々、老若男女ジャンルを問わずいろんな人が集まって思い思いに自分の時間を過ごしている感じがなんだかいい。

カフェで勉強する学生、中庭でおしゃべりするOL、雑貨や家具を見ている夫婦、一人アートを眺める女性.....

観光客皆無(←ポイント)

ほぼ、タイ人。

なんだかサイアムやアソークのような大観光地では感じられない「タイ人の普通の休日」を見てる感じ。

それでいてなんだかタイじゃないような、、、

不思議な感じですね。

僕も長居するつもりはなかったのですが、展示を見たり、カフェで休んだりと...なんだかんだ3時間くらいたあっという間に経っていました。(ファッション写真を撮るのを忘れて...)

↑当時やっていた企画展示

ーなんで行かないの?The Jam Factory.....ー

こんな素敵なThe Jam Factory。

冒頭でも書きましたが、こんな記事に書いてもおそらく誰も行かないんです。

理由は一つ

「遠い」

そう、遠いんです。

BTSシーロムラインのクルントンブリー駅からタクシーやトゥクトゥクを使って10分ほど。

クルントンブリー駅周辺は特に有名な観光地もなく、限られた旅行日程の中でここだけのために行くのはちょっと遠すぎるんです。(とは言ってもサイアムからトータルでたぶん1時間くらい)

唯一近場で有名なのはお隣のサパンタクシン駅にある大型ショッピングモール「Asiatique The Riverfront」。

ここのOpen時間が夕方からなので、それまでThe Jam Factoryでゆったりして、その後Asiatique The Riverfrontでお買い物なんてプランはありですね!

週末などには様々なイベントや販売が行われているよう。
興味のある人は公式Facebookページでイベント情報をチェックしてみてください。

ーinformationー

営業日・時間
年中無休(店舗により異なります)
時間は店舗により異なる(おそらく11:00〜20:00くらい)

ー行き方ー

行き方はBTSクルントンブリー駅からタクシーやトゥクトゥクで約10分。
ただ注意したいのが、この施設「地元の人も知らない」んです。
タクシーの運転手に「The Jam Factoryに行きたいんです」といっても全くわからず、5〜6人に地図を見せながら聞いてやっとわかりました。

なので、行く際はあらかじめWebで駅からの詳細な地図を保存していくのが安心です。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

それでは気をつけて良い旅を。

いってらっしゃい!!

合わせて読みたいバンコク関連記事
雨がコンセプトってなんだか素敵。Rain Hill Plazaってどんなとこ?
そのレトロ感がたまらなくいい。「鉄道市場」ことタラートロットファイ・ラチャダー
バンコの代官山?The Jam Factoryに流れるゆるい時間。
バンコク現代美術館[MOCA]心揺さぶる微笑みの国のアート
Bangkok Art & Culture Center [bacc] 大都会バンコクでアートを嗜む
反則級。バンコクの神出鬼没お洒落WeekendMarket「TGIF Market」

タイ/バンコクストリートファッションスナップ記事

[Fashion Snap]タイ/バンコクのストリートファッション 3rd
[Fashion Snap]タイ/バンコクのストリートファッション 2nd
[Fashion Snap]タイ/バンコクのストリートファッション 1st

https://www.instagram.com/p/BQngddGhZRM/

FacebookInstagramTwitterにてBangkokFashionsnapの連載、またバンコク情報の発信もしています!是非こちらもフォローよろしくお願いします!!!

記事一覧へ

WebShopへ


ヤマモト ケイスケ
OTHER SNAPS