LOG IN

タイで値切ろう。そうしよう。

by ヤマモト ケイスケ


こんにちは Green Import Avenue の山本です。

たまにはお役立ち情報も書こうと思いまして。

今回はタイでの値切りに関しての記事を書くことにしました。

ー値切りはケチなんかじゃない!!ー

最初に.....

「タイって物価安いんでしょ??そっからさらに値切るって...ちょっとケチじゃなーい?」

違うんです。

値切りというと聞こえがイマイチですが、これはれっきとした値段交渉。

東南アジアでは当たり前、むしろ観光地価格をふっかけられてノコノコと言い値で買うのは間抜けの所業。

そうです。バカ高い観光地価格をふっかけられている可能性大。特に日本人はいいカモなので要注意。

タイ全土が上野のアメ横だと思ってがつがつ値切リングしていきましょう。

ーHow To Negiringー

ポイント1
買う意思や素振りを見せない。
買う意思を見せるとあまり安くなりません。
欲しくても『えー、いらねーしーー。めちゃ安なら買ってやってもいいけどー(ぷりぷり)。』
くらいの気持ちと態度でいきましょう。

決して欲しい欲しいオーラを出してはいけません。
特に高めの買い物の時は注意です。


ポイント2
本当に安くするには、英語ではなくタイ語で交渉すること!』
(英語だと不慣れな観光客だと舐められてあまり安くならないらしいのです。)

・最重要

タイ語で『安くして!』=『ロッ・ダイ・マイ・カップ(女性は語尾をカップではなくカー)』。


ポイント3
これでもあまり安くならなければ一度店を出るそぶりをする。
ここで90%引き止められます。そして計算機的なものを渡され、『希望の金額を打て!』的なことをいわれます。


ポイント4
破格の価格を提示
2000円のものを半額の1000円で買いたいなら600〜700円くらいを提示!

そこでOKならめちゃラッキー。

ダメでも1000円くらいの価格で折り合いがつく可能性が高くなります。


ポイント5
値引きの限界は提示価格の平均1/3!!
頑張れば最初の提示価格の1/3くらいまで下がることがあるんです。

そこまで下がるってどれだけ観光地価格ふっかけられてるんだ、って感じですよね...

※値札や値段の掲示のないものは注意。観光地価格をふっかけられる場合があります。
例  露店

ー変化球値引キングー

なにも価格を下げるだけが値引ではありません。

価格が下がらなそうな場合はこんな交渉をしてみましょう。

「OO個買うからおまけして!」

「OO個買うからOOバーツにして!」

これも結構使えるテクニックなのでトライしてみましょう。


ーTAX ・トゥクトゥクの価格交渉ー

普通の買い物の際はいいのですが、一番ぼったくりにあいやすいのが

「TAX ・トゥクトゥク」

確かにもともと日本よりはかなり安い価格設定ですが、いざ目的地に到着したらとんでもない価格を請求されたなんて話よく聞きますね。

・価格交渉は必ず乗車前に。

これは必ずです。

行き先を伝え、いくらか確認し、上記のポイントで値引きしましょう。

おそらくほとんどの場合ふっかけられています。(個人的な感想)

メーター付きのTaxも安心できません。
メーターをいじっている場合があります。

この場合とんでもないスピードでメキメキとメーターが上がっていくので注意。

とにかくこういった乗り物は必ず先に価格交渉しましょう。

ー値引きできる場所・できない場所ー

もちろんどこでも値引きできるわけではありません。

ショッピングセンターやレストラン、コンビニなど値切りのできないところも多くありますので、場所は選んで交渉しましょう。

[値引きできる場所例]

・露店・ナイトマーケット・ウィークエンドマーケット・ショッピングセンターの洋服屋(店舗により)

・地元民向けのレストラン・TAX・バイクTAX・トゥクトゥクなどなど

[値引きできない場所例]

・小綺麗なレストラン・カフェ・電車・バス・ホテル・ショッピングセンターの多くの店舗・美術館
・お寺の入館料(無礼者)・コンビニ・チェーン系の飲食店などなど

ー最後にー

お店の方に迷惑がかかるほどの悪質なしつこい値引きはやめましょう。

タイを訪れた際は、一つのイベントと思って、節度を守り楽しく値段交渉してみてください。

これであなたも値引キスト!

「アナタドコカラキタ!?オオサカ!?」
っと店員に聞かれたらかなり安くなった証拠です。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

では気をつけて良い旅を!

行ってらっしゃい!!

https://www.instagram.com/p/BQK7qMpgOFW/

FacebookInstagramTwitterにてBangkokFashionsnapの連載、またバンコク情報の発信もしています!

是非こちらもフォローよろしくお願いします!!!


記事一覧へ

WebShopへ


ヤマモト ケイスケ
OTHER SNAPS