LOG IN

歯ブラシからお土産まで!?バンコクのコンビニ事情

by ヤマモト ケイスケ

こんにちは、Green Import Avenue のヤマモトです。
今回この記事ではバンコクのコンビニがどんなもんよっ、ていうのを写真モリモリで紹介していきたいと思います。
現地のコンビニを事情を知って使いこなせば旅は100倍快適になりますね。

タイってコンビニあるの?

日本でよく見かけるコンビニといえば「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」「サークルKサンクス」「NewDays」などなど。

とんでも僻地でない限りだいたい日本全国どこでもこれらのコンビニって見かけますよね。

だいたいの店舗が24時間営業で、深夜に小腹が空いたり、急にお金をおろす必要があったり、郵便物の配達を頼んだりと、とにかく便利で生活には欠かせない存在になっているのは間違いないですね。

話は戻って気になるのは「じゃあタイは?」っていうところ。

これがめちゃ便利なんです。はい。

バンコク市内でよく見かけるコンビニは「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」。
日本でおなじみのあの看板を見かけると安心して入れるので嬉しいですよね。ほんと。

しかもぽつんぽつんって点在しているとかいうレベルでなく、かなりの店舗数があるんです。

それもそのはず。
現在コンビニはセブンイレブンだけでもタイ国内に10,000店舗以上!!!(2017年7月時点)

タイで生活する人にとっては欠かせない存在になっているんですね。

何が売ってるの???

これ大事ですね。

どれだけたくさんコンビニがあって、24時間で便利!!!
って言っても塩しか売ってなかったらほぼ用事ないですからね。

タイでシェアNo.1のセブンイレブンの店内を覗いてみましょう。

タイのコンビニって実は品揃えいいんですよ?

食事系

「えータイにまで来てコンビニ弁当ー!?」って言うことなかれ。
国が違えば売ってるお弁当も全然違うんです。これがまたオモシロイ。
タイでおなじみパッタイからトムヤムクン、ガイヤーン(焼き鳥的な)、パッガパオムーサー (バジルとポークの炒め物) 、カニチャーハン、グリーンカレーなどなどなど......

日本のコンビニではまず見かけないような料理がタイのコンビニでは定番。
(レンジでチンしてくれるサービスもあるので心配無用!)

価格帯も25〜45バーツくらいでお手頃。
(屋台ほど安くないけれど、かなりお手頃価格)


屋台料理がちょっと怖い...」っていう人とか深夜に小腹が空いた人、貧乏旅の人にはおすすめ!

ただ注意したいのは、見かけによらずかなり辛いものがたくさんあるところ。
めちゃめちゃ辛くてお腹壊します。汗止まりません。食べれません。

もちろんハンバーガーとかサンドウィッチ、おにぎりなんかも売っているのでタイ料理、パクチー、ナンプラーなんかが苦手な人も安心してください。


パン

米よりパン派の人もいますよね。
もちろんパンの品揃えもかなり充実。
基本的に菓子パンから惣菜パンまでだいたい揃ってます。

価格帯はだいたい7〜60バーツくらいでピンキリです。

日本のコンビニでもたまに見かける「出来たてパン」的なのも売ってます。
パンは保存も効くので一つ買ってバッグに入れておいたり、ホテルに置いておくのもいいですね。


カップラーメン

以前タイのカップラーメンの記事を書きましたが、タイのカップラーメンは本当に個性派揃いなんですよ。
「mama cup」という日本でいうところの「マルちゃん」的な有名なカップ麺ブランドのものが多く売られてるんですけど、当たり外れが恐ろしく激しい....(もちろんめちゃめちゃ美味しいのもあります)

ちょっとがさばりますが、かなり安くて保存も効くのでお土産におすすめです!!

価格帯は一個13〜15バーツくらい。

ちなみに無難なのはmama cupのトムヤムクン味ですね。


ドリンク

旅先で欠かせないのが飲み物の確保。
多分コンビニで購入するものの中でダントツで飲料が多くなると思います。

かなり発展しているとはいえまだまだタイで水道水を飲む気にはなりません。
加えてタイの平均気温は約30度。

こまめに水分を取らないと本当に危ない。

飲み物も充実!
ジュース類はだいたい缶が12〜15バーツ・ビンが15〜17バーツ。

アルコール類はだいたい缶35〜50バーツ・小瓶39〜60バーツ・中瓶55〜バーツ。
基本的にはタイの国内ブランドのものが断然安いです。
アルコールだとChang・SINGHA・LEOなどなど

※アルコール類は販売時間が決まっています。
11:00〜14:00 17:00〜24:00
この時間帯にしか販売してくれないので要注意!!!

エナジードリンクやポカリスウェット、コーヒーなんかもバッチリあります。
ちなみにレッドブルってタイ発祥のエナジードリンクなんですよ?

乳酸菌飲料も充実。
とにかくあっちではお腹を壊します。壊しやすい。
毎朝ヤクルトを買って一本飲んでから活動開始するのがおすすめ。ちゃんとヤクルト売ってます。

タイのコンビニでよく見かけるのがこれ
自分でジュースを入れてレジでお会計っぽいです。
興味のある人はチャレンジ。

お菓子

お菓子もかなりの種類がありますね。
チョコレート系の甘いお菓子からポテトチップスなんかのスナック菓子、グミ、ガム、タブレット系,,,,

日本で見かけるプリングルスやオレオ、プリッツ、メントスなんかもあるので、安心ですね。

ドライフルーツの品揃えが多いのはタイ特有かもしれないです。

もちろんアイスもありますよ!


おつまみ

まあまあ、おなじみチーズやら燻製やらサラミなんかはもちろんあります。

国が違えど呑んべいが好むおつまみは一緒なんですね。

そんな中でかなり目を引いたのが、「韓国のり」と「鱈スナック(チータラのタラの部分)」。
人気おつまみなのかは不明ですが、かなりの種類が置いてあります。

お菓子類もお土産にいいかもしれませんね!


調味料

タイのコンビニにはだいたい調味料が売っています。
種類もナンプラー、オイスターソース、スイートチリソースからよくわからないソースまでさまざま。
タイ料理屋さんの各テーブルに置いてある あの 調味料(名前わからない)なんかも置いてあります。
タイでは町中に露店があるので、そういったお店の人が買いにくるんでしょう。
かーーなり安いのでお土産にかなりおすすめです。


日用品

日用品類もかなり充実しています。
文房具からバス・トイレ用品、カー用品などなど。

整髪料やシャンプーリンス、歯ブラシ、日焼け止め、タオル、ティッシュなどなど、旅行中に使うようなものはここでだいたい揃うので、わざわざ日本から持ってこなくても安く現地調達できます
荷物も少なく済むので現地調達がおすすめですね。

薬も充実しています。正直なんの薬かは全く読めません。
タイガーバームとバンテリンははっきり分かります。

場所によってはこんなちょっとした家電なんかも売ってます。

本も売っています。もちろんタイ語ですが、試しに一冊買って見てみるのもおもしろいですよ。
実際タイのファッション誌なんかは写真がかなり多いので、字が読めなくても楽しめます。
タイのファッション誌の記事へ)

レジ裏には日本同様タバコが売っています。
基本的にシャッターが閉まっている状態なので、タバコが欲しい旨を伝えると開けてくれます

それとちょっと面白いのがSIMカード
タイのコンビニってプリペイド式のSIMカードが売ってるんです。
なので、シムフリーのスマホを持っているなら、タイのコンビニでSIMカードを購入して挿せば現地でも普通に自分携帯がさくさく使えます。


コンビニだからって油断は禁物!注意事項!

スリ
店内は狭いところが多いので、スリなんかには気をつけましょう。


コンビニの前ってエアコンの涼しい風を求めて野犬がやってきて昼寝してるパターンがかなり多いんです。
(犬に限らず、おじさんとかも入り口前で昼寝してたりします)

人間慣れしているので、いきなり襲ってきたりという話はあまり聞きませんが、近くを通るときは注意しましょう。

釣り銭間違い
あまりありませんが、釣り銭間違いも時々あります。
特に日本みたいに会計892円で1392円出して500円玉でお釣りをもらう的な事をやるとかなり面倒くさい事になるのでやめましょう。っていうか拒否される事が多い。

使えるクレジットカード
最近タイのコンビニでもクレジットカードや電子マネー決済が使えるようになりました。

使える決済方法はVISA、アリペイ、ラインペイ
コンビニだけではありませんがタイならVISA一枚持っていけば不便はしません。
(もちろん屋台や小さいお店では使えませんが)


以上タイのコンビニ事情でした。

タイの便利なコンビニをうまく活用すれば旅がプラスもうちょっと快適でスマートになります。

ぜひ利用してみてください。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

それでは気をつけて良い旅を。

いってらっしゃい!!

合わせて読みたいバンコク関連記事

タイで人気のファッション雑誌『CHEEZE』『LOOKER』
THE STREET25HOURS Festival [By LOOKER / CHEEZE]
バンコクでファッション調査
バンコの代官山?The Jam Factoryに流れるゆるい時間。
バンコク現代美術館[MOCA]心揺さぶる微笑みの国のアート
Bangkok Art & Culture Center [bacc] 大都会バンコクでアートを嗜む
反則級。バンコクの神出鬼没お洒落WeekendMarket「TGIF Market」

タイ/バンコクストリートファッションスナップ記事

[Fashion Snap]タイ/バンコクのストリートファッション 3rd
[Fashion Snap]タイ/バンコクのストリートファッション 2nd
[Fashion Snap]タイ/バンコクのストリートファッション 1st


FacebookInstagramTwitterにてBangkokFashionsnapの連載、またバンコク情報の発信もしています!  是非こちらもフォローよろしくお願いします!!!

記事一覧へ

WebShopへ



ヤマモト ケイスケ
OTHER SNAPS